oukyuuteate.jpg          kyuumeikousyu.jpg           sinnseisyohp1.jpg                          応急手当の基礎知識    救命講習について/救命講習の流れ    救命講習会依頼文書

AEDとは?

みなさんはAEDという言葉を聞いたことがありますか?

 AED(Automated External Defibrillator)とは、自動対外式除細動器といって、心臓に電気
 ショックを与える機器です。

 突然の心停止に備えて、近年では運動施設や公共施設、老人ホームなど様々な場所に設置され
 ています。いざという時に「使い方が分からない!」、「設置場所が分からない!」というこ
 とがないように普段から自分が利用する場所のAED設置個所の確認や使用方法の講習等を受け
 ましょう!

どのような時にAEDを利用するの?

 AEDは呼吸や脈がない(いわゆる「心肺停止」という状況)人に使用されます。一般市民の
 場合、脈拍の確認は難しいため、普段どおりの呼吸が感じられない時、またはしゃくりあげる
 ような呼吸をしている場合には直ちにAEDを装着します。

 このとき、倒れた人の多くが心室細動(しんしつさいどう)といった状態に陥っており、AED
 の装着と使用が早ければ早いほど救命率の向上につながります。

心臓の状態

 心室細動  心臓が不規則に痙攣(けいれん)している状態で呼吸も脈も感じられない

 注意.png AEDが自動で心電図を解析し、電気ショック(除細動)が必要と判断!

 注意.png 電気ショック後心臓が規則的な動きを取り戻す可能性があります。

 心停止  心臓の機能が停止した状態で呼吸も脈も感じられない

 注意.png AEDが自動で電気ショック(除細動)は適用外と判断します。

 注意.png 救急隊が到着するまで心臓マッサージ(胸骨圧迫)と人工呼吸を続けて下さい

TOPへ